ビートルズ誕生の地リバプール

ビートルズ誕生の地 リバプール

 

ビートルズといえばリバプール、リバプールといえばビートルズ。

 

ロンドンの北西200マイルに位置する世界のどこにでもある
港町のひとつにしかすぎなかったリバプール。

 

 

リバプールの裏通り

ビートルズの成功とともに世界中の多くの人々がその地名を知るに至りました。

 

それもこれも すべてビートルズの威光がもたらしたビートルズならではの功績といえるでしょう。

 

70年代の中ごろ、リバプール市議会は、リバプールの街の中心部にビートルズの銅像を建てることを決議しています。

 

それまでのリバプールで有名な場所といえば、世界の3大教会のひとつに数えられているローマ・カソリック聖堂ぐらいだったのが、ビートルズ後はあの「キャンヴァーン・クラブ」をはじめ、ビートルズゆかりの場所は、たちまちのうちに観光地として脚光を浴びるようになってしまったのだから まさにビートルズサマサマなのです。

 

 

リバプールメモ
「ビートルズの出身地」として知られ、世界中のビートルズファンが訪れるビートルズゆかりの地
イングランド北西部マージーサイド州の中心都市


 

 

グループ 「クォリーメン」 を結成 !

 

その港町リバプールで 1956年の春、
ビートルズの母体になったグループ「クォリーメン」を結成したのが 
当時15歳のジョン・レノンでした

 

メンバーはジョンの学友たちで、当時のヒットパレードものの演奏に明け暮れていました。

 

しかしクォリーメンといえば、メンバーはいつも入れ替わり仕事どころではなく、そこらのどこででもお目にかかれる、在り来たりのアマチュア・バンドでした。

 

ジョンの友人の紹介がきっかけとなり「ポール・マッカートニー」がクォリーメンのメンバーになったのが 1956年の中ごろ。

 

 

そして1958年始め頃には、ポールの仲介で「ジョージ・ハリスン」がクォリーメンに加入しました。
ジョージの加入によって ようやくバンドは、その体をなし考え方を同じくするバンドらしいグループになったということです。

 

ジョージ・ハリスンのイラストアイコン

「ジョージ・ハリスン」

 

 

ビートルズ☆こぼれ話〜小ばなし

 

記者      「なぜビートルズなのですか?
         そして何故 " BEETLES " ではなくて 
         " BEATLES " なのですか?」

 

 

ジョン・レノンのイラストアイコン

             「ある日、海を見ていたら、海の中から人が現われて、
             僕の方を指して『お前はビートル (BEATLE)だ!!            
             2番目の "E" を "A" に換えなさい 。』と言ったんだ。

 

僕はその人のいうがままに、僕たちのグループをTHE BEATLES (ザ・ビートルズ) と呼ぶことにしたんだ。」

.........63年頃のインタビュー(ジョン・レノン)

        

この話の真偽はさておくとしても 

 

レコード・デビュー(1962年)前のビートルズを知る人の話では、
ビートルズの名付け親は「スチュアート・サトクリフ」(故人)で、スペルをかえたのがジョン・レノンというのが事実らしい。

 

beetle(かぶと虫)をbeat(ビート)に引っ掛けたセンスがジョンらしいところですね。

 

(iconは BEATLESとともに「All My Loving」様から提供させて頂いています。)

 

 

ビートルズ☆こぼれ話〜小ばなし その2

 

 

ビートルズは 「抱きしめたい」と「シー・ラブズ・ユー」をドイツ語でレコーディングしています。

 

アメリカでは「サムシング・ニュー」に収録されています。
日本盤もありました。イギリスではこのレコードは発売されていません。

 

 

『サムシング・ニュー』(Something New)は、1964年7月にアメリカで発売されたビートルズ5作目のアルバム! (^^v)


 

あるドイツ人 「・・・!?  ビートルズのドイツ語は全くなっていない !!」

 

・・・・・・・・・・💦

 

ヘルプのレコードジャケットのイラスト

 

NEXT